2-3.2-3. テンプレートを保存

2018年7月6日金曜日

(少女前線/Girl's frontline)世界観解説: 「パン屋作戦」

コードネームは「パン屋の少女」
ちなみに右の人が作戦目標。

パン屋作戦

南極によるジェフティの捜索活動は、UURSGによる猛烈な軍事攻勢や技術的な問題による制限を受けても決して中止されなかった。南極の諜報機関"MID"は2092年に、UURSGの諜報機関がG-179「ジェフティ」が詳細不明な複数の人物と旧ポーランド地域に潜伏しているという情報を得たことを確認した。MIDはG-179と協力者を拘束し、彼女を南極へ移送するために8名の工作員を極秘裏にコーカサスに派遣した。作戦名は「パン屋作戦」となった。

 パン屋作戦の初期段階はミンダーフェルド大尉が指揮を執った。カラチャイ地方チェベルタから東に20kmの場所にある山に入り、キャンプフィールド大佐のTASAの第3分隊と共に偵察と調査を実施する事になっていた。しかし情報漏洩と情報の不備により、ミンダーフェルド大尉の部隊は作戦地域に入って間もなく待ち伏せを受け、作戦開始前に7名の工作員を失った。その後MIDの部隊はG-179と、別の実験体と思しき人物を接触した。[21] 更に裏切り者の出現によって2つの潜入チームが失われる中、工作員の一人であったモンドはG-179と共に待ち伏せ攻撃から逃れ、彼女をUURSGの捕獲作戦から守った。G-179の戦略的価値の高さから、UURSGは捕獲作戦成功のために様々な手段を講じた。まず東部戦線主戦域で反撃を開始し、他の南極軍部隊を拘束した。目標のいる街を厳重に封鎖して増援を受けられないようにし、更に戦闘機と電子戦機を展開して戦域北部における南極の航空部隊による近接航空支援を無効化した。現地では複数の特殊部隊を投入し、近距離戦に持ち込むことで南極軍の砲兵部隊は火力支援を阻止し、TASAの部隊はG-179を攻撃から守るだけで手一杯だった。G-179は2時間に及ぶ銃撃戦の後に突然離反し、TASAはパン屋作戦を中断して撤退せざるを得なくなった。G-179は最終的にUURSGの手に落ち、その後の消息はわからなかった。南極の諜報機関が彼女を再び発見するのはそれから2年後のことである。

0 件のコメント:

コメントを投稿