2-3.2-3. テンプレートを保存

2016年4月10日日曜日

(Wargame: Red dragon)続・陣地防御

防御も楽ではない。



戦線が膠着し防御陣地を挟んで砲撃戦になるというのはゲーム中でもありがちな展開。そうなった場合にどのように行動すべきかを適当に書く。


砲撃目標の優先順位
偵察ユニット<<砲兵<<対空ユニット<<前線の敵ユニット

個人的にはこういう感じで順位をつけている。砲撃で被害を受けないようにするために最も重要なことは「敵の砲兵を排除する」ことなので、当然のことだが砲兵部隊の最優先目標は敵の砲兵になる。ただし対砲兵戦闘ができるのは射撃準備時間の短い砲兵に限るため、デッキの制限などでそれらが使えない場合は神業的な予測射撃を行うか、あるいは耐え難きを耐えるしか無い。
 また偵察ユニットは出せる数が限られるため、発見した場合はできるだけ攻撃するようにしたい。

航空攻撃

 基本的に戦線が膠着した段階で使ってはいけない。防空網がしっかりしている場所に航空機を飛ばすのはただの手の込んだ自殺でしか無い。
 航空機を飛ばす場合というのは敵が攻勢をかけてきた場合か、こちらが攻勢に出る場合のどちらかで、しかもできるだけ集中投入する必要がある。

ユニットの配置
最前線から
偵察歩兵<<偵察車両、対空及び対戦車歩兵<<対空

 という感じで配置する。このさらに後方に補給ユニットと戦車と機械化歩兵を配置する。機動戦力は基本的に最前線には配置せず、後方の移動しやすく敵から発見されにくい場所で待機させる。
 
あと歩兵を前線に配置する場合、歩兵が乗ってきた車両は後方に下げておく事。そうしないと歩兵は見えてないのに近くにある車両が見つかって砲撃を受けてしまい、歩兵もろとも吹き飛ばされることになる。これは式歩兵でも同じことが言える。



ユニットアイコンが点滅していないユニットは見つかっている
 ユニットアイコンが点滅していない場合は敵に見つかっているので高確率で砲弾が飛んで来る。敵に発見されているということはその周囲には敵の偵察がいるということでもあるのでよく探すこと。見つけることができれば直ちに排除する。

最前線に戦車を置かない。
 最前線の茂みに戦車を放置して、ATACMSやスメルチに撃破されると言うのは割とよくある光景。そもそもガシガシ動かして初めて意味を持つ戦車を最前線で固定砲台のように使う必要性は全く無いし、戦車を無駄に消耗すると反撃もできない。戦車部隊は最前線からある程度離れた市で待機させ、必要に応じて動かすようにしたい。

補給ユニットを予め用意
 高火力の砲撃でもない限りは装甲車両も歩兵も即死しない。なので被弾したらさっさと後ろに下げて修理or補充。


対空ユニットは撃ったら動かす
対空ユニットは配備数が多くなく、しかも総じて装甲が薄いため、砲撃を受けると確実に撃破される。なので対空ユニットが射撃したら陣地転換を行わなければ砲弾が降ってくる。ただし全ての対空を動かしていたら手間なので、無理なら高価な対空だけでも動かすといい。




0 件のコメント:

コメントを投稿